ニュースで災害を見ていると不安になったから書いてみた

 

万が一の場面でも落ち着いて!自然災害の為の準備が左右する。

日本国の場合、何時どこにいても災害等に遭うリスクを背負っている事はお分かりでしょう。

 

おっかないからと現実逃避するのではなく、明日は我が身という現況に目を向けながら着実に備えをしておくことで、万一の事態でも生存率ですとか被災した後の自分たちの衣食住の状態をより良くできるのです。罹災後の気候の細かい部分は、未知数です。

 

降雨のせいで全身がビショビショになって、身体の調子を悪くしてしまうと面倒なことになります。

 

周囲の気温の変化によって体力が奪われる事だってありえます。ウォータープルーフの物の備えですとか低気温をしのげる素材を用意しておきましょう。

 

事務所やおうち等の家財道具をいま一度点検して、倒れ込みを防止するためのグッズを据えつける事や業者へ作業をお願いする事、或いはビル自体を手がける耐震改修等を事前減災と呼びます。空き時間を確保して調べてみて下さい。

非常事態もなるべく落ち着いて!大規模災害の為の準備がものを言う

わたし達は何時でも天災などが発生するがありる事はお分かりでしょう。おっかないからと現実逃避するのをやめて、今の現況に目を向けて着々と対策を怠らずにいれば、万が一の時に生存可能性や災害直後の自分たちの生活の質(QOL)を良くする事もできます。

 

圧死の他に、家具が転倒して逃道を喪失し、外に出られなくなると言う難題も発生します。調度品が倒れない様な道具が市販されてますから、こういった道具を入手して壁に作り付けて下さい。

 

自宅や勤め先等にある家具をいまいちど総点検して、転倒を未然に防ぐ為のアイテムを取り付けたり施工会社へ工事をお願いすること、他にはビル自体を対象とする耐震加工を指して事前減災と呼びます。出来るだけ早めに調べてみましょう。

万一の事態でも極力冷静に!災害への備えをしよう

先年にあった震災の経験であっても、やがては薄らいだものになっていってしまいます。ところが大規模災害はえてして遠くない未来に襲ってくるのです。

 

そのため普段から身辺に震災への対策があるようにすることは非常に重要であって、このような作業は男性が積極的にすると良いでしょう。圧迫死だけではなく、他にも家財類の倒壊が原因で脱出口がふさがれ、屋外に離脱不能になると言う事態もよく起こります。

 

家財類が倒れない様なツールが色々と売られてますから、これらを購入し壁等に固定して下さい。勤務先や住まいなどにある家具類に関して再度点検し、倒れこみを予防する為の防災用品を据え付けることとか業者さんに作業を注文すること、もしくは家全体に行う耐震工事を事前防災と言います。時間を作ってリサーチしておくと良いでしょう。

 

車は災害時どうする?

車って災害時にどうなるかって思いましたが、これはどうしようもないですねw

そうゆう保険と特別に入っておくしかないと思います。

 

私の軽自動車ももしかしたらパーになってしまうんでしょうね。

それも含めて軽自動車の買取相場も気になって確認しました。

ラパンですが、意外に高く60万円で売れるみたいですw

 

でも傷がかなりついているので、あんまり期待してませんw

皆さんも災害時には色々気をつけましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です